ジェルの成分

ボニックプロ専用のジェルについて解説します。
まずはじめに従来の商品との違いについて細かく解説しておきます。

 

従来のボニックプロジェルの詳細
保湿成分 ヒアルロン酸、コラーゲン、グリチルリチン酸アンモニウムなど
引き締める効果 ウルバラクカエキス、トレオニン、レスペテザエキスなど
リフレッシュ効果 レモンエキス、ローズマリーエキス、セイヨウハッカエキスなど

 

リニューアル後の専用ジェルの詳細
保湿成分 ヒアルロン酸、コラーゲン、ココナッツオイル、アルガンオイル、シアバターなど
引き締める効果 スペルトニール、グラウシン、カフェイン、ウルバラクツカエキスなど
リフレッシュ効果 ジャスミン、すずらんなど

 

新商品のジェルにはココナッツオイルやアルガンオイル、シアバターなどが配合されたことで、しっかり保湿してくれます。
また、伸びが良いジェルですのでマッサージジェルとしてもお使い頂けます。

 

成分もパワーアップしましたが、それだけでなく水にもこだわっています。
素肌に触れるものだから、高知県四万十川の地下層水という美しい水を使用しています。

 

 

ボニックプロの成分イメージ

 

ボニックプロ専用ジェルは肌の引き締め効果と潤い効果があり、さらに保湿効果によって肌の状態を良い方向へと整えてくれる効果が期待できます。

 

 

ボニックプロは違うジェルでも代用可能?

結論でいえば違うジェルで代用することも問題ありませんが、万が一故障することなども考えられるので、できるだけ専用ジェルをお使いすることをオススメします。

 

ただし、「コストを安くしてもっと手軽にボニックプロを使いたい!」という方の場合は通販などでエステ専用のジェルなどを購入して頂いてお使いいただくことが出来ます。

 

基本的にはボニックプロ専用ジェルで使うことが推奨されていることを忘れないようにしておきましょう。

 

 

ボニックプロのジェルの違いによる注意

専用ジェルの場合は、洗い流さずにそのまま肌になじませても問題ありませんが、専用ジェル以外をお使いの場合は使用上の注意を良く確認する必要があります。

 

専用ジェルを何故洗い流さないでよいかというと、豊富な美容成分が含まれており、なじませるだけで肌の状態が良い方向へと促される作用があるためです。

 

ボニックプロを上手に利用するためには?

専用ジェルではどうしてもコストが掛ってしまいますが、代用のジェルを使い分けることで専用ジェルを長持ちさせることが出来ます。
※3ヵ月後に解約をしなければ定期的に購買するので注意。

 

解約を前提でお考えの方は、利用頻度に合わせて使い分ける、或いは専用ジェル以外の購入を検討する必要があります。
何度も繰り返し説明しますが、コストを抑えたい方には代用のジェルを使うことも可能ですがボニックプロの効果を高めるためには専用ジェルを使うことをオススメします。